北九州中央社会保険労務士法人サイトマップ

文書作成日:2020/12/01

就業規則の届出を本社一括で行う方法

 就業規則を作成・変更した場合には、事業場を管轄する労働基準監督署に届出を行う必要があります。この届出は原則として事業場ごとに行うことになっており、本社や支店等、複数の事業場がある企業では、各事業場で届出を行わなければならないというのが原則となります。一方で、複数の事業場がある場合で、すべての事業場で同じ就業規則が適用されるケースも多く、各事業場での届出が手間であると感じることもあるでしょう。この場合、一定の条件を満たした就業規則の届出については、本社で一括して行うことが認められています。

 この本社一括届出が認められる要件は以下のとおりとなっています。

1.変更前後の就業規則が同じ内容であること
 一括して届出を行う場合には、本社の就業規則と各事業場の就業規則が同じ内容でなければなりません。また、就業規則の変更では、対象事業場の変更前の就業規則の内容も同じであることが必要です。このため、3.でとりあげる届出事業場の一覧には、「各事業場の就業規則は本社と同一内容である」旨(作成の場合)、または「各事業場の就業規則は変更前及び変更後とも本社と同一内容である」旨(変更の場合)を明記することになっています。

2.届出を行う事業場数の就業規則を用意すること
 就業規則を本社で一括して届出を行うと、各事業場を管轄する労働基準監督署に届出された就業規則が送付されることになります。そのため、一括して届け出る際には、本社を含む事業場の数の就業規則の提出が必要になります。ただし、複数の事業場が同一の労働基準監督署内にある場合には、1部の提出で問題ありません。

3.届出事業場の一覧表を作成すること
 2.のとおり、提出された就業規則は、各労働基準監督署へ送付されるため、本社以外の対象事業場の名称、所在地、電話番号および事業場を管轄する労働基準監督署名を記した届出事業場の一覧表を作成した上で提出することになります。

4.各事業場での意見書を用意すること
 一括の届出であっても、就業規則の適用は各事業場で行われることに変わりはありません。そのため、従業員からの意見聴取の手続きおよび意見書の作成は、各事業場で行うことになります。ただし、単一組織で本社および対象事業場の労働者の過半数が加入している組合(単一組織労働組合)が存在し、全事業場の過半数労働組合の意見が同意見であるときは、労働組合本部の意見書に「全事業場の過半数労働組合とも同意見である」旨を記載し、労働組合本部の意見書の写しを対象事業場分添付することでも差し支えないとされています。

 以上のように、一括して届出を行うためにはいくつかの条件がありますが、事業場数が多い場合には、手続きがかなり省力化できます。来年1月には改正育児・介護休業法施行規則が施行され、その対応として就業規則(育児・介護休業規程等)の変更が必要になります。そのため、複数の事業場がある企業では、このような一括した届出の検討してみてもよいでしょう。

■参考リンク
厚生労働省「就業規則・36協定の本社一括届出について」
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/130419-1.html
厚生労働省「労働基準法等の規定に基づく届出等の電子申請について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000184033.html

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。



年次有給休暇の平均取得日数は10.1日2020/11/24
2019年度の労基署による不払い残業代の是正指導 約98億円2020/11/17
新型コロナによる雇用への影響と解雇・雇止めの違い2020/11/10
2021年3月から障害者の法定雇用率が引上げられます2020/11/03
新型コロナにより適用となった特定求職者雇用開発助成金の実労働時間に係る特例2020/10/27
新型コロナの影響に伴う標準報酬月額の改定特例の延長2020/10/20
新型コロナウイルス感染症に関連する助成金の期間延長等2020/10/13
公表された長時間労働が疑われる事業場への監督指導の結果2020/10/06
書類送検など厳しい対応が取られる労災かくし2020/09/29
2020年度の最低賃金40県で1円〜3円の引上げに2020/09/22
短縮される雇用保険の基本手当の給付制限期間2020/09/15
衛生管理者が不在となる場合に必要な企業の対応2020/09/08
2019年度わずかに上昇した男性の育児休業取得率2020/09/01
新型コロナウイルス感染症に伴う月額変更の特例2020/08/25
増加する新型コロナウイルス感染症に関する労災請求と認定事例2020/08/18
新型コロナで休業手当が支払われなかった人に支給される新型コロナ支援金2020/08/11
高年齢労働者が安心・安全に働ける職場環境づくりとその支援のための補助金2020/08/04
障害者雇用において求められる合理的配慮の提供義務とハローワークへの相談2020/07/28
過去最多を更新した精神障害による労災請求件数2020/07/21
新型コロナウイルス感染症に関連した雇用保険の特例2020/07/14
育児短時間勤務制度における実務上の留意点2020/07/07
第二次補正予算成立で拡充された新型コロナウイルス感染症に関連する助成金2020/06/30
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、健康診断の実施の延長が認められています2020/06/23
休業手当を支給したときの定時決定(算定基礎)の注意点2020/06/16
労働保険の年度更新期間の延長と納付猶予の特例2020/06/09
新型コロナウイルス感染症により設けられた社会保険料の納付猶予の特例2020/06/02
雇用調整助成金 手続の大幅な簡素化とオンライン申請2020/05/26
令和元年の大卒初任給は210,200円2020/05/19
小学校等の臨時休業に伴い設けられている小学校休業等対応助成金2020/05/12
2020年2月14日より設けられた特定求職者雇用開発助成金の就職氷河期世代安定雇用実現コース2020/05/05
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い拡充された雇用調整助成金の特例措置2020/04/28
新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを実施する際に活用できる助成金2020/04/21
健康診断実施後に会社が行うべき対応2020/04/14
パートタイマーの休業手当を計算する際の注意点2020/04/07
2020年4月1日から施行される改正女性活躍推進法2020/03/31
新型コロナウイルス感染症に関する情報リンク集2020/03/24
事業所を廃止する場合の労働保険手続き2020/03/17
2020年3月分から変更となる協会けんぽの健康保険料率2020/03/10
2021年1月より時間単位で取得できるようになる子の看護休暇・介護休暇2020/03/03
4月より開始する短時間労働の障害者を雇用する事業主への給付金制度2020/02/25
2020年3月30日から施行されるハローワーク等での求人の不受理2020/02/18
2020年4月から廃止となる雇用保険料の免除2020/02/11
障害者雇用 雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新2020/02/04
採用面接のときに注意すべき不適切な質問2020/01/28
全国的な自転車保険の加入義務化に伴い、見直しておきたい自転車通勤等の取扱い2020/01/21
4月より健康保険の被扶養者の要件に国内居住が追加されます2020/01/14
2019年12月2日からスタートした健康診断結果報告書等の帳票印刷サービス2020/01/07
66歳以上まで働ける制度のある企業の割合は3割2019/12/31
年次有給休暇の取得状況を確認する際の注意点2019/12/24
高校新卒従業員の39.2%、大学新卒従業員の32.0%が入社3年以内で離職2019/12/17
就業規則の作成・届出や衛生管理者の選任時における労働者数の考え方2019/12/10
時間外労働削減に向けた取組みを行う際に中小企業が活用したい助成金2019/12/03